乾燥肌を悪化させるお風呂の正体|間違いだらけの入浴法

水道水は乾燥を悪化させる犯人!?

「温泉は肌にいい」ということは、誰でも知っている事実ですよね。

 

ですが、みなさんが毎日入っているお風呂はどうでしょう?

 

恐らく蛇口から出てきた水やお湯を溜めて入っているのではないでしょうか。自宅に温泉を引いてあるという稀なケース以外は、ほとんどの方が水道水を使ったお風呂に入っているはずです。

 

日本の上水道(水道水)は世界的にもトップクラスの安全性というのは、日本の誇れる所です。

 

蛇口から出てくる水に雑菌が含まれていないから、私たちは安心して水道水を飲んだり料理に使ったりできるんです。

 

しかし、その安全性を実現しているのが「塩素の働き」という事実を見逃していませんか?

 

塩素が肌に良くないという事を認識しておくべきです。

 

浄水器を使っていれば安全?

「私の家は浄水器を使っているから大丈夫だし!」という方もいるかもしれません。

 

ですが私の知る限り、塩素を100%除去する浄水器というものはありません。

 

浄水器のメンテナンスをしている人の話によると、浄水器のフォルターを通した水道水からも実際に塩素が測定されるらしいです。

 

そもそも塩素というのは、水道水の安全を守る為にあります。

 

塩素によって無菌の水を家庭に届けているので、塩素を無くすのは現実的に不可能な話です。

 

日本では水道法という法律によって、水道水にどれだけの塩素を配合するかという基準が決められていますので。

 

そしてこの塩素濃度は住んでいる地域によって違いがあります。

 

従って、塩素濃度の濃い地域であれば、お風呂やシャワーのお湯によって少しずつ髪や肌が痛んでいってしまいます。

 

 

毒ガス兵器として用いられた塩素の毒性

そもそも塩素は強力な毒性を持っています。

 

第一次世界大戦時にはドイツ軍によって、人類史上初の本格的な化学兵器(毒ガス兵器)として使われたという過去もあるほどです。

 

もちろん毒ガス兵器として使われていた塩素と、水道水から検出される塩素の濃度などは大きく違うのは当然ですが、塩素には毒性があるという事に変わりはありません。

 

水道水を溜めた水槽に金魚や熱帯魚を入れると、ほんの数日で死んでしまいます。

 

塩素中和剤を使わないと、水道水に含まれる塩素の毒性が致死量に値するということです。

 

そして、その毒性は人間の体にも悪影響を与えます。

 

水道水の塩素は肌や髪の毛に付着すると、肌や髪の毛のたんぱく質を破壊して、細胞にダメージを与えます。

 

肌を保護する機能がある皮脂を流してしまい、肌の保水力や保湿力を奪ってしまうのです。
その結果、乾燥を引き起こし肌荒れなどの原因にもなります。またアトピー性皮膚炎が悪化する原因とも言われています。

 

お風呂上がりに保湿をしないと、肌がカサカサするのはその為です。

 

乾燥性湿疹に注意

乾燥肌に関して言えば、自己回復機能はあてにならず、何もしないと時間が経つにつれ乾燥がどんどん酷くなっていきます。

 

すると乾燥肌特有のチクチクした非常に不快なかゆみが発生します。

 

暖房が効いている屋内に入った時の温度差や、服の繊維による刺激などがかゆみを引き起こします。背中や脛、腰周りなど元々皮脂の少ない場所にかゆみを感じることが多いです。

 

そのかゆみが出てきた段階から更に症状が悪化すると、乾燥肌による湿疹が体に出てくるようになってしまいます。

 

この段階になって病院に駆け込む人が多いので、冬の皮膚科は忙しいらしいです。この乾燥肌による湿疹は、正式には皮脂欠乏性湿疹と言います。

 

しかし一旦、肌に湿疹が出てきてしまったら、薬を使ってもスグに治るものではありません。いくら効果の高いステロイドを使っても、1日2日では治りません。

 

もし人目に付くような場所に湿疹が出てしまったら?特に乾燥肌になりやすい女性であれば、精神的にも大きなストレスになるはずです。

 

乾燥肌は自分で対策をしないと、自然に良くなるものではありません。肌が少しでもカサカサしてきたな・・・と感じたら、自分で出来る範囲での対策を1日でも早く行うことがお肌の為に大切です。